地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、富岡市の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

富岡市の地域情報サイト「まいぷれ」

編集長、私に1000円ください。

マルカワのガム1000円分で玉のれん

1000円分で玉のれんを作る! 2006/08/11


1

もう1000円とられなくて済むと思ったのに・・・<br>まだあったんやな、このコーナー・・・ぐすん。<br>
もう1000円とられなくて済むと思ったのに・・・
まだあったんやな、このコーナー・・・ぐすん。

編集長、お久しぶりです!

久しぶりに1000円くださいをやろうと思います。今回は夏らしく、玉のれんなどを作ろうかと・・・

「このコーナーなくなってなかったんだ・・・?」

なくなってませんよ。少し間あいちゃったけど。
だから1000円ください。


2

声を出しながら玉の数を数えて図面を作る。<br>途中で電話がくると最初から数えなおしなんだよなぁ・・・<br>
声を出しながら玉の数を数えて図面を作る。
途中で電話がくると最初から数えなおしなんだよなぁ・・・
今回は、あの「マルカワのガム」で玉のれんを作ります。


まずは設計図作りから。

4個入り10円のガム100箱で、400個の玉を使えるんだから・・・

えーと、コーラ味が40個と・・・

100以上の数を数えるって、むずかしい。
まずは外側のところをむく。<br>なぜなら、写真をとるときに光っちゃうからです。<br>
まずは外側のところをむく。
なぜなら、写真をとるときに光っちゃうからです。
みてみて!<br>ほら、静電気がすごいよ!<br>手にくっつくビニールに大はしゃぎ。<br>
みてみて!
ほら、静電気がすごいよ!
手にくっつくビニールに大はしゃぎ。

3

さあ、みんな!<br>いくよ!<br>図面どおりに作るんだよ!<br>
さあ、みんな!
いくよ!
図面どおりに作るんだよ!
これが設計図とガム100箱。

図面どおりに針と糸でのれんをつくっていくのだ!
ああっ、いきなり事故が。<br>ガムってさぁ、糸のとおり悪いよね。<br>
ああっ、いきなり事故が。
ガムってさぁ、糸のとおり悪いよね。

4

20個ずつお皿に出していくのは若いもんの仕事です。<br>
20個ずつお皿に出していくのは若いもんの仕事です。

図面どおりに1列ずつお皿に入れていく。

ちゃんと色も順番に通すようにね。

なんかさぁ、このいちご味、硬くない?
5色の中でコーラ味が一番やーらかいことを発見。

いちごが一番硬いんじゃん?

いや、ぶどうだよ。

またここでも事故。<br>ガムの糸どおりの悪さにだんだんイラだってくる・・・<br>
またここでも事故。
ガムの糸どおりの悪さにだんだんイラだってくる・・・

5

そーお? 多い?<br>
そーお? 多い?
ほら、3列できたよ!

ねえ・・・なんか3列目のやつ、ちょっと長くない?

あれ、おかしいねえ。
私は絶対間違えてないはずなんだけどなー。


ねえねえ、もう指が痛いよ。

たった3列目にしてすでに飽き気味。
うん、どう見ても1個多い。<br>
うん、どう見ても1個多い。

6

いいじゃんこれー。<br>サクサクいけるね。<br>
いいじゃんこれー。
サクサクいけるね。
指の痛さに耐えかね、指サックを着用。

お、これいいじゃん!

指サックのおかげでのれん作りがスムーズに。

「次からのれん作るときはこれだね!」

次っていつよ。
こんなのまた作るの・・・?


通りがかったまいぷれのシステム仙人(通称アキバくん)

「えっ、自分も参加ですか!?」

そうだよ、逃げちゃだめだよ!


「では、1列だけ作らせていただきます」

社員一丸となってのれんを作る姿が美しい。
ようやく8列目まで終了。<br>1列できるごとに図面をチェックしていく。<br>
ようやく8列目まで終了。
1列できるごとに図面をチェックしていく。
アキバくんがんばれ!<br>
アキバくんがんばれ!

7

どう見ても図面で数間違えてます。<br>黄色多すぎだし!<br>
どう見ても図面で数間違えてます。
黄色多すぎだし!

あれっっ・・・!!??


なぜいちご味だけがこんなに残ってるの???

「リーダー!大変です!グレープフルーツ味が足りません!」

誰だ、間違えてるのは!


だってさ、数えてる途中で電話がかかってきたんだもん・・・
わざと間違えたわけじゃないもん。

すでに薄いリーダーへの信頼がさらに悪化。

仕方ない・・・<br>残りの部分はいちご味で代用。<br>だって最初からやりなおすのやだもん。<br>
仕方ない・・・
残りの部分はいちご味で代用。
だって最初からやりなおすのやだもん。

8

わくわくしてきた~!<br>
わくわくしてきた~!
出来上がった1列ずつをのれんの棒(ものさしだけど)に巻きつけていく。

意外とガムって重いよね。
ほら、「ま」がちょっとずつできてきた。<br>
ほら、「ま」がちょっとずつできてきた。

9

横幅30センチしかないミニのれん完成。<br>すでに部屋にはガムの甘い香りが充満してます。<br>
横幅30センチしかないミニのれん完成。
すでに部屋にはガムの甘い香りが充満してます。

じゃーん!

できた~~!

右側になぜかいちご味がかたよっているが、ひとまず完成。

のれんを持ってご満悦の編集長。
視聴者の皆様あてに

「残暑お見舞い申し上げます」。

ほんとはもっときれいな字なんやでー!

はいはい。

こわごわとのれんをくぐる編集長。<br>「なんか恥ずかしいやん・・・」<br>まあ、照れ屋さんねぇ<br>
こわごわとのれんをくぐる編集長。
「なんか恥ずかしいやん・・・」
まあ、照れ屋さんねぇ
営業から戻ってきた新入社員のパンダ王子。<br>「自分もくぐらせていただきます!」<br>
営業から戻ってきた新入社員のパンダ王子。
「自分もくぐらせていただきます!」


できあがったのれんは、撮影後2日目に社内で配給されました。

このガムでフーセンを作るためには、4個一度にかまないと大きいのはできませんのでご注意。

ビンに入れるとけっこうきれいじゃない?<br>しかしよく見ると全部に穴があいているのだ・・・<br>
ビンに入れるとけっこうきれいじゃない?
しかしよく見ると全部に穴があいているのだ・・・

編集長、私に1000円ください。 written by 編集部ナカムラ

編集長のポケットマネーから月々1000円をもらって、
それを有効に使うというこのコーナー。
はたして1000円はどこまでがんばれるのか!?
たかが千円、されど千円。 いやいや、「さすがは千円」でしょ。
編集長がいやだと言うまで続けたいと思います。
(ちなみに消費税は自己負担)